結婚指輪をこれから購入されるという方にとって、誰が購入するのか?という事も疑問かもしれません。結婚するという事が決まっているので、二人でお金を出し合って購入したというカップルが非常に多く、データなどを見ると63%くらいが二人で購入されています。

30%位が夫となる人の購入、残りが妻となる人の購入です。結婚指輪は普段付けるデザインリングとは違い、一生身に着けていく夫婦の約束の指輪です。記念となる指輪となりますし、指輪の裏によく、送り主の名前が彫られるという事もあり、二人で一緒に費用を出し合って、お互いに贈りあった指輪、というイメージを持っておく方がいいという方もいます。

結婚指輪はエンゲージリングほどの金額になりませんが、通常、ペアで10万円以上するものです。それなりの費用がかかるので、結婚指輪を購入する時、予算を持っている人が払ったという意見も多いです。

プロポーズをしてから一緒にエンゲージリングを購入しに行ったというカップルの場合、その時、一緒に結婚指輪の予約を済ませたという事もあり、この場合、夫となる人が購入しているという事になります。

妻となる人が購入したという場合、挙式費用を全額夫となる人が出してくれたから、また妻となる人が主導権をもって購入したかったからという意見などもありました。

参考資料《http://gala-okachimachi.com/
…結婚指輪(マリッジリング)を購入出来るジュエリーメーカー直営店「ガラ おかちまち」

通常挙式の前に結婚指輪を購入されたという方が多いのですが、中には、挙式後、結婚指輪を購入したという方もいます。指輪の交換は、結婚式で注目される儀式的な要素がありますが、しなければならないという事はないので、指輪の交換ではなく別の事を行うというカップルもいて、この場合、挙式後にゆっくり購入するという事でもいいでしょう。

しかし一般的にチャペルの挙式も、神社での挙式も、人前式でも指輪の交換は、結婚されるカップルの大切な儀式となるものなので、挙式の日に結婚指輪を交換するというのは当たり前のように行われていることです。できれば、挙式前に結婚指輪を作っておく方がいいでしょう。

但し、挙式の日程がかなりあわただしいスケジュールだったり、政策に時間がかかるフルオーダーメイドの場合、デザイン決めから出来上がりまでに半年くらいかかるという事も少なくありません。挙式前に結婚指輪が欲しいと思っていても、オーダーの仕方によって間に合わないという事もあるので、指輪の発注タイミングと挙式のスケジュールをしっかり考えなくてはなりません。

指輪交換を行わないという選択肢もありますが、一般的に結婚式というと指輪の交換を行っているので、ご両親も期待されているかもしれません。よく考慮して、タイミングよく注文しましょう。

どのような結婚指輪を作るのかという事にもかかわってきますが、結婚が決まり、結婚式や披露宴などを行うという場合、そこから次第に結婚式に向けて忙しくなっていきます。結婚指輪っこ死期を経験された方はすでにご存知だと思いますが、結婚式の準備はことのほかめまぐるしく、決めなければならないこと、しておくべきことが非常に多いので、時に、結婚される彼女と大喧嘩になるという事も少なくないくらいです。

そのため、早めに結婚指輪の注文をしておくことが必要ですが、結婚された方々に聞いてみると、多くは挙式3ヵ月から半年くらい前に購入したという方々が多いです。次いで、半年から1年前、さらに2ヶ月から3ヵ月前・・・と続きます。

一般的に半年くらい前には、結婚指輪を購入されているという事です。一般的に有名結婚式場で泣ければ、結婚式場の予約を入れるのが半年くらい前が妥当といわれているので、ちょうどその時期に結婚指輪を購入されているという事です。

結婚式場で結婚式の相談をする際、指輪販売業者を紹介されることもあります。提携しているところで購入すると少し安くなるなどの特典があるので、ここで購入される方も多いのです。

いつ購入するかというのは予算的な面もあるので、カップルそれぞれだと思いますが、しっかりと結婚式に間に合うように購入するという事、サイズ直しなどを考えるとやはり半年くらい前に作る事が望ましいといえます。

大好きな彼からプロポーズされて、婚約指輪を頂く、またプロポーズされてから一緒に婚約指輪を選びに行く、こんな時がいつ来るのだろうと憧れている女性は多いでしょう。結婚しない女性が多くなっている、結婚適齢期が高くなっているといわれる日本ですが、結婚式という憧れの舞台に対する気持ちは、それほど変わっていないように感じます。

プロポーズを受けてその後、結婚式を行うという事になると、必要になるのが結婚指輪です。結婚し、妻、夫がいることを証明する指輪となりますし、その指輪を付けていることで、常に、大切な人がいることを心に感じる事が出来る大切な指輪です。

エンゲージリングなどは普段付ける事が少ないのですが、結婚指輪は別です。通常、仕事の関係などで指輪を付けることが出来ないという方以外、一般的には夫も妻もずっと身に着けておく指輪です。飽きのこないデザインが求められますし、生活していく上で邪魔にならないシンプルな指輪が望まれます。

結婚式を挙げる際に、人前式でゲストの皆様の前に立ってから指輪を交わすという事もありますし、神社で行う挙式やチャペルで行う挙式の際に、両親、親類、親しい友人がいる前で、指輪を交わすという事もあります。結婚式を行うのであれば、結婚式までには結婚指輪を準備しておく必要があるのです。

しかし、結婚指輪を注文するタイミング、作成するのはいつごろ始めたらいいのか、結婚式に間に合うようにという基本がありますが、結婚された皆さんはいつごろ、結婚指輪を作成されたのでしょうか。当サイトは、結婚指輪を作成するタイミングについて調べました。これから結婚される皆様が参考にしていただけたら幸いです。